読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅好きOLが世界中でフィールドワーク!

旅好きOLの週末旅の記録ブログです。主に海外一人旅の体験を。時々OLさんが思考する文化や社会に関するあれこれを。

マレーシア最終日と思ったこといろいろ

さぁ、今日は最終日です。4泊5日のブルネイ・マレーシア旅行も総仕上げ。

 

AM4:00起床

飛行機に合わせて早起き。起きれなかったらどうしようという不安であんまり寝られなかった小者女。

 

AM4:30ホテル出発

来た時同様、KLセントラル駅からKLエクスプレスという電車で空港に向かいます。30分ちょっとで着くので、5:03のに乗りたい。できればその前に軽くコーヒーでも飲みたい。

 

…と思っていたんですが、いつもはニューセントラルというショッピングモールを通り抜けて駅に行ってたけど朝早過ぎて道が閉鎖されている!

仕方がないので違うルートで。

道路を渡ると駅前のバスターミナル。そこから上がると駅なんですが、丁度空港行きのバスが停まっているので、チケットカウンターで「あのバスは何時に出るの?」と聞いてみたら「ナウ!!」の回答。えーー今出るなら乗りたい!チケットを買って飛び込みます。空港までバスで行けるのは知っていたけど、時間がかかるし何時に出るのか知らなかったから使うつもりはありませんでした。結果オーライ、時間もまだ早かったし、安く行けたから良かった。

 

AM5:40空港到着

KLIA2のエアアジアのチェックインはめちゃめちゃ簡単。自動チェックイン機で予約番号を入力し、パスポートを読み込ませるだけ。私は預け荷物が無いのでそのままイミグレ〜保安検査に行きます。

f:id:TABIKUMA:20170513212133j:image

バーガーキングで朝ごはん。胃もたれ。

 

AM8:00クアラルンプール出発

寝ます。

 

PM3:25関空到着

帰ってきました!ただいまジャパン!

 

 

マレーシア総括

そんなこんなで無事帰って参りました。ここでマレーシアを訪れて感じたことをまとめます。

 

行く前の私は、『THE☆アジア』なわちゃっとした熱気を感じられるかな〜、バイクとかいっぱい走ってて、ローカルな雰囲気を味わいたいな〜、と思っていました。

しかし行ってみてビックリ。クアラルンプールは

まごうことなき大都会

でした。

日本と何も変わらない。クリーンでセーフティ、西洋的なオシャレなカフェやレストランも沢山。下町にはローカルな飲食店もあり、外国人も受け入れてくれる余裕を感じます。

 

私、今まではキリスト教文化に興味が厚かったので、ヨーロッパ方面に旅することが多かった。東南アジアはインドネシアのバリ島とベトナムハノイシンガポールを訪れたのみ。しかし、今回の旅で東南アジアの魅力に完全にやられました。いや、東南アジアというより、広域で見たアジア、でしょうか。

今興味がある旅先は、

  1. ラオスミャンマーなどの東南アジア仏教
  2. 中央アジアシルクロード
  3. ブータン、ネパールなど山岳地域

です。

 

日本人には相変わらず韓国や台湾が旅行先として人気ですが、安全性や清潔さはマレーシアも負けていません。航空券代は距離の分高くなりますが、ホテル代や現地の物価が安いので、総額は案外お安くすみます。

異文化度は、やはり東アジアより断然高いです!明らかに自分が異人種であると感じますし、その「違い」を受け入れてくれる懐の深さがあるので楽しい。

個人的にはイスラム圏であることも魅力大。日本ではイスラム教文化に触れることが少なく、ニュースだけを見てると良くない印象を持ってしまいがち。とても残念なことだと思います。イスラム建築はとても美しいし、信仰の気持ちはどの宗教も等しく尊いもの。私は仏教徒ですが無宗教に近いので、敬虔な信者の方を見ると何教であっても美しいな、貴いな、と思います。実際にイスラム圏でイスラム教徒の方と触れ合うと、怖いなんて絶対思わないし、信仰心が攻撃性に結びつくのはほんの、ほんの僅かな人だけ。そしてそれはイスラム教に限らないのです。

イスラム教文化をもっと見たい」と友人に言ったら「危ないからやめておきなよ」と言われてしまったのは悲しかった。もちろん、家族や友人に心配をかける旅はしたくないので、その地域の情勢に気を配って旅先を決めます。テロの懸念が大きいところは避けます。だけど、何をもって危険と言うのかは、自分でしっかり考えたいと思います。

 

マレーシアは今が多分面白いところ。近代化の流れを汲みつつ古き良きものも沢山見つけられます。人にオススメしたくなる旅先でした。

f:id:TABIKUMA:20170513214458j:image

 

最後までお読み頂いた方、ありがとうございました。