読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅好きOLが世界中でフィールドワーク!

旅好きOLの週末旅の記録ブログです。主に海外一人旅の体験を。時々OLさんが思考する文化や社会に関するあれこれを。

マレーシア最終日と思ったこといろいろ

さぁ、今日は最終日です。4泊5日のブルネイ・マレーシア旅行も総仕上げ。

 

AM4:00起床

飛行機に合わせて早起き。起きれなかったらどうしようという不安であんまり寝られなかった小者女。

 

AM4:30ホテル出発

来た時同様、KLセントラル駅からKLエクスプレスという電車で空港に向かいます。30分ちょっとで着くので、5:03のに乗りたい。できればその前に軽くコーヒーでも飲みたい。

 

…と思っていたんですが、いつもはニューセントラルというショッピングモールを通り抜けて駅に行ってたけど朝早過ぎて道が閉鎖されている!

仕方がないので違うルートで。

道路を渡ると駅前のバスターミナル。そこから上がると駅なんですが、丁度空港行きのバスが停まっているので、チケットカウンターで「あのバスは何時に出るの?」と聞いてみたら「ナウ!!」の回答。えーー今出るなら乗りたい!チケットを買って飛び込みます。空港までバスで行けるのは知っていたけど、時間がかかるし何時に出るのか知らなかったから使うつもりはありませんでした。結果オーライ、時間もまだ早かったし、安く行けたから良かった。

 

AM5:40空港到着

KLIA2のエアアジアのチェックインはめちゃめちゃ簡単。自動チェックイン機で予約番号を入力し、パスポートを読み込ませるだけ。私は預け荷物が無いのでそのままイミグレ〜保安検査に行きます。

f:id:TABIKUMA:20170513212133j:image

バーガーキングで朝ごはん。胃もたれ。

 

AM8:00クアラルンプール出発

寝ます。

 

PM3:25関空到着

帰ってきました!ただいまジャパン!

 

 

マレーシア総括

そんなこんなで無事帰って参りました。ここでマレーシアを訪れて感じたことをまとめます。

 

行く前の私は、『THE☆アジア』なわちゃっとした熱気を感じられるかな〜、バイクとかいっぱい走ってて、ローカルな雰囲気を味わいたいな〜、と思っていました。

しかし行ってみてビックリ。クアラルンプールは

まごうことなき大都会

でした。

日本と何も変わらない。クリーンでセーフティ、西洋的なオシャレなカフェやレストランも沢山。下町にはローカルな飲食店もあり、外国人も受け入れてくれる余裕を感じます。

 

私、今まではキリスト教文化に興味が厚かったので、ヨーロッパ方面に旅することが多かった。東南アジアはインドネシアのバリ島とベトナムハノイシンガポールを訪れたのみ。しかし、今回の旅で東南アジアの魅力に完全にやられました。いや、東南アジアというより、広域で見たアジア、でしょうか。

今興味がある旅先は、

  1. ラオスミャンマーなどの東南アジア仏教
  2. 中央アジアシルクロード
  3. ブータン、ネパールなど山岳地域

です。

 

日本人には相変わらず韓国や台湾が旅行先として人気ですが、安全性や清潔さはマレーシアも負けていません。航空券代は距離の分高くなりますが、ホテル代や現地の物価が安いので、総額は案外お安くすみます。

異文化度は、やはり東アジアより断然高いです!明らかに自分が異人種であると感じますし、その「違い」を受け入れてくれる懐の深さがあるので楽しい。

個人的にはイスラム圏であることも魅力大。日本ではイスラム教文化に触れることが少なく、ニュースだけを見てると良くない印象を持ってしまいがち。とても残念なことだと思います。イスラム建築はとても美しいし、信仰の気持ちはどの宗教も等しく尊いもの。私は仏教徒ですが無宗教に近いので、敬虔な信者の方を見ると何教であっても美しいな、貴いな、と思います。実際にイスラム圏でイスラム教徒の方と触れ合うと、怖いなんて絶対思わないし、信仰心が攻撃性に結びつくのはほんの、ほんの僅かな人だけ。そしてそれはイスラム教に限らないのです。

イスラム教文化をもっと見たい」と友人に言ったら「危ないからやめておきなよ」と言われてしまったのは悲しかった。もちろん、家族や友人に心配をかける旅はしたくないので、その地域の情勢に気を配って旅先を決めます。テロの懸念が大きいところは避けます。だけど、何をもって危険と言うのかは、自分でしっかり考えたいと思います。

 

マレーシアは今が多分面白いところ。近代化の流れを汲みつつ古き良きものも沢山見つけられます。人にオススメしたくなる旅先でした。

f:id:TABIKUMA:20170513214458j:image

 

最後までお読み頂いた方、ありがとうございました。

モスクをハシゴ

ブルーモスクの見学が終わりました。次の目的地はプトラジャヤ。ピンクモスクの見学です。

 

KLとブルーモスク、ピンクモスクはそれぞれ車やバスで1時間程離れた、三角形の位置関係にあります。本当は午前中にブルーモスクを見て一度KLに戻り、午後からピンクモスクに向けて出発する予定でした。

だけど、居眠りをはじめとする(自業自得)思わぬタイムロスがあり、加えてこの暑さでバテバテ。更にいうと、私はブルーモスク最寄りのバス停で降りてないので、帰りにどこからバスに乗れば良いかわかりません。

 

KL戻るの、めんどくさいな…

 

 

……

 

ヘイ!タクシー!

 

積極的に時間をお金で買うスタイル。ブルーモスク前からピンクモスク前まで、魔法の絨毯ならぬ魔法の車でワープです。

かかったお金は70MYR。ボられてる気がしないでもないですが、1時間の距離を日本円で1800円ぐらいで来れたなら良しとします。暑い中KLに戻ったりまたバスを探して消耗するぐらいならこっちで良いです。大人なので。

 

というわけでプトラジャヤです

f:id:TABIKUMA:20170510125205j:image

いきなりどーん!

ピンク!ピンクです可愛い!

f:id:TABIKUMA:20170510125319j:image

ここで借りるローブはもちろんピンク。

f:id:TABIKUMA:20170510125353j:image

f:id:TABIKUMA:20170510125411j:image

f:id:TABIKUMA:20170510125415j:image

鼻血ものの内装。

f:id:TABIKUMA:20170510125459j:image

どこに行っても絨毯を撮った写真があって、自分が絨毯フェチだと知りました。

f:id:TABIKUMA:20170510125553j:image

中庭。置かれてるお花もピンクに揃えるというおこだわり。

f:id:TABIKUMA:20170510125635j:image

モスクを出て、外からの写真。川沿いに建っています。橋からがベストショットかと。

f:id:TABIKUMA:20170510125722j:image

良いですね〜。

 

 さて、そろそろKLに戻ります。

ここからプトラジャヤセントラルの駅まではタクシー、そこからは電車です。

 

ブルーモスク〜ピンクモスク間もそうでしたが、タクシーの運転手さんめっちゃ喋る!

どこの国の人?1人で旅行してるのか?マレーシアの食事は何が美味しかった?と質問攻め。英語を話せる人が多いので、コミュニケーションが取れてなかなか退屈しない移動時間でした。こちらから「日本には来たことある?」と聞くと、みんな「高くて行けないよ!」の回答。そりゃそうですよね。私達が物価安くて嬉しいなぁと思うということは、逆はとっても切ないお話です。

降りる時に名前を聞かれたのでお互い名乗って、握手。したら、その手をぐいって引っ張って甲にキスをされました。

やられたーー!

ニヤニヤする運転手さん。あぁ、これだからイスラム圏の男は信用ならないのです。貞淑で敬虔なムスリム女性が多い分、薄着で1人で動き回っている外国人女性を見たら、何もしても受け入れてくれるオープンな人種と思っているのでしょう。

違うからな!

この運転手さんとはここでお別れなので、怒ったりはしませんでしたが、日本人お得意の愛想笑いは禁止。さっさと駅に入ります。

 

KLに戻って

そういえば朝から何も食べていません。もう14時前。お腹空いた。

ブキッビンタンまで行くより、KLセントラル周辺で食べちゃいましょう。見つけたのは、レジェンズ・クレイポット・ブリヤニハウスというお店。

f:id:TABIKUMA:20170513210558p:image

f:id:TABIKUMA:20170512110604j:image

インド料理の炊き込みご飯、ブリヤニのレストラン。泊まっていたホテルからすぐでした。チキンのブリヤニをオーダー。

f:id:TABIKUMA:20170512110845j:image

土鍋に入ったブリヤニやゆで卵をバナナの皮の上に広げて冷ましながら、カレーソースなどを付けて食べるらしいです。が、私はホカホカのごはんの方が好きなので、途中から土鍋からそのまま食べました。

f:id:TABIKUMA:20170512111025j:image

まだ食べます。ロティチャナイ。普通は朝ごはんに食べるらしい。パリパリ、モチモチです。ウマイです。

 

せっかくなのでパビリオン

ブキッビンタンに移動してパビリオンへ。巨大なショッピングモールです。高級ブランドなども沢山入っています。この辺りは東南アジアのイメージを覆す大都会です。近代的でクリーン、オシャレ。VINCCIで初日に目を付けてた靴があったので購入。1800円ぐらいで安かったので。

そして、パビリオンの地下にはスーパーがありました。お土産用にホワイトコーヒーと調味料を購入。LCC旅で預け荷物無しなので、液体や重くなる物が買えません。キューブのトムヤムクンスープなど、粉系を少々。

 

夜ごはんはやっぱり…

連日アロー通りへ。

f:id:TABIKUMA:20170513193114j:image

雰囲気も楽しいし、安いし、1人でも入りやすいです。

f:id:TABIKUMA:20170513193323j:image

本日は野菜炒めとサテ、それから

f:id:TABIKUMA:20170513193355j:image

タイガービール!

焼鳥とビールで1人メシって…やってること日本と変わりません。どこに行っても私は私。

 

明日は早朝出発なので、今日は早めにホテルに戻ります。

では、最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

マレーシアにもあるブルーモスク

クアラルンプール2日目。今日はモスク巡りです!

 

伝統美のブルーモスク

まずはブルーモスクから。パサール・スニ駅からシャー・アラムの街に行く750番のバスに乗ります。電車+タクシーで行くルートもありますが、バスだとモスク近くのバス停で降りたら良いだけなので楽だとか。

f:id:TABIKUMA:20170508214644j:image

バス停。料金は3MYR。80円ぐらいですよ。激安。

 

バスに揺られて1時間弱の道程。私以外にも何人かモスクに向かう観光客がいました。

まだ9時なので人も少なく、ゆっくり乗れて良いですね、バス。陽射しが気持ち良い。

 

きもち…いい…

 

きもち…い…

 

ハッ

 

痛恨の居眠り!!

周りを見渡すと観光客が全員いなくなってる。オロオロしながらムスリムの女の子達に

「モスク…ブルーモスク…」

と問いかけると、

「えっもう過ぎちゃったけど」

「次で降りて、あっちの方向に歩きなさい!」

とのこと。良かった、まだ寝過ごしてそんなに経ってないみたい。

ありがとー、とバスを降りて、言われた方向に5分ぐらい歩くと…

f:id:TABIKUMA:20170508215421j:image

見えてきたー!ブルーモスク!

 

良いですね!この距離があるからこそ、モスクの大きさがわかる!そして段々近付いていく感じ、まるでゲームの世界!

バスを寝過ごしたからこその経験ですね。とか言ってみる。

 

結局バスを降りてから15分程で着きました。

入口で名前、国名を書き、ローブを借ります。そしたらしばしここで待てぃと係のおばさま。言われるがままにベンチで待ちますが…

5分10分経てどもモスクの中に入れてくれない。どうやらガイドさんに付いて貰って入る必要があるらしく、ある程度の人数が揃わないとスタートしないもよう。

しばらくすると、やっと女性4人組登場。なんという偶然か全員日本人です。日本人ほんとどこにでもいる。

しかし、4人もベンチでしばし待てぃと指示を受けます。えっ5人じゃまだ足りませんか…。

申し訳無いのですが待つのが得意じゃない関西人、係の人に

「私結構長く待ってる。もう入らせて欲しい。いつまで待ったらいいの?」

と要求。

そしたらガイドのおばさん、

「じゃあもうスタートしましょうか。この5人でいきましょう。」

と。やったー!

 

社会人になって学んだこと。世の中意外と言えばなんとかなる。

 

いざ、モスク内部へ!

まず最初はこの壁。

f:id:TABIKUMA:20170510112251j:image

トルコから贈られたタイルだそう。

この壁を背景に写真を撮ると良いわよと言われるも、ぼっちなので撮れませーん。他のツアーメンバーが外国人なら気にせずシャッターを頼むところですが、日本人でしかもグループでキャッキャやってるとこにお願いする勇気ない…。

 

f:id:TABIKUMA:20170510112508j:image

f:id:TABIKUMA:20170510112546j:image

素晴らしい!青と白の世界!

 

f:id:TABIKUMA:20170510112616j:image

f:id:TABIKUMA:20170510121748j:image

うっとりしてしまうプレイホール。

f:id:TABIKUMA:20170510121840j:image

絨毯もブルー。

 

f:id:TABIKUMA:20170510121904j:image

f:id:TABIKUMA:20170510121913j:image

f:id:TABIKUMA:20170510121918j:image

ステンドグラスがとっても綺麗。淡い青の光が滲んでいます。

 

f:id:TABIKUMA:20170510122042j:image

モスクの一角で結婚式をやっていました。しかも2組の合同らしい。

何故かこの後あなた達もお祝いを言ってあげて!と言われて、一緒に記念撮影まですることに。新郎さんがデレッデレで羨ましかったのはここだけの話。いつか私も神社で結婚式を挙げたら、居合わせた外国人観光客と写真を撮ろうと思います。

 

f:id:TABIKUMA:20170510122407j:image

入口に戻ってきて見学終了!

イスラム建築は色遣いもバランスも素晴らしい。ミナレットと呼ばれる尖塔がドームの周りに配置されるこのデザインが私的No. 1です。

 

長くなったので本日2つめのモスクは別の記事で。居眠りとツアーで思わぬ時間ロスをした私が取った行動とは!?

お読み頂いた方、ありがとうございました。

クアラルンプールはクリーンで回りやすいよ

マレーシアで何する?食べます。

さぁ、マレーシア滞在はあと2日。

f:id:TABIKUMA:20170508111524j:image

まずはチャイナタウンで朝ごはん。

ここはナイトマーケットが有名。夜はパチモンのブランドバッグや服などが並びますが、朝は食堂がずらっと並びます。朝の風景の方がローカル感があって好きでした。

豆乳買ってぶらぶらしてたら、呼び込みに遭ったのでお粥のお店に入ってみた。鶏肉入りのお粥。これがもー絶品!

 

モノレールでブキッビンタンに移動。KL随一の繁華街ですが、朝はお店が開いてなーい。仕方がないのでスタバで時間潰して、その後ショッピングモールを散策。

でもね。残念ながら私ショッピングモールに興味が湧かなくて。楽しかったのはローカルブランドのVINCCIだけでした。靴のお店で可愛いのにメチャ安です。

 

お昼は再びチャイナタウンに戻って。

f:id:TABIKUMA:20170508112103j:image

南香というチキンライスのお店。

f:id:TABIKUMA:20170508112138j:image

昔はこういうお肉見るの怖かったのになぁ…。いつの間にか豚さんの頭とかも平気になりました。

f:id:TABIKUMA:20170508113434j:image

チキンライスもやし炒め付きで12MYR。日本円で300円ちょっと。安過ぎる。そして美味過ぎる。

チリソース、生姜、醤油などを混ぜたソースでいただきます。チキンライスはシンガポールでも食べたけど、あっちの方が辛かった気がする。

 

国立モスクに行ってみる

午後からは国立モスクへ。金曜なので異教徒は15時から入場OKでした。

f:id:TABIKUMA:20170508113857j:image

f:id:TABIKUMA:20170508113911j:image

みんな紫のローブを借りてうろうろ。何故か私は黒の頭にかぶるやつだけ渡されました。む…紫のローブ着たかった…。

f:id:TABIKUMA:20170508211023j:image

プレイホールはムスリムのみ入場可。私達は手前まで。

f:id:TABIKUMA:20170508211105j:image

青のステンドグラスが物凄く綺麗で見惚れてしまう。

 

屋台メシ大好き♡

モスクを出て、夜ごはんを食べにブキッビンタンへ。アロー通りの屋台に行きます。

f:id:TABIKUMA:20170508211651j:image

ドライ雲呑麺とビール。それからサテも頼みました。雲呑麺が水分たっぷり焼きそばと雲呑スープのセパレートで出て来たのは衝撃でしたが。それもう雲呑麺じゃない。

 

屋台で偶然隣に座ったおじさんが、話しかけてきました。仕事で来ているという日本人の方。KLは沢山来ているらしく、オススメを教えてくれます。

 

KLCCは行った?夜が綺麗だよ。僕はダイビングが趣味で東南アジアにはよく来るんだ。君はダイビングする?あ、やらないんだ。そうそう、ダイビングなら離島がオススメだなぁ。ボルネオ島の近くや、パプアニューギニアも良いんだよ。ダイビングは機材が重いから、いつもLCCは使わないんだ。マレーシアはフルーツが美味しいよ!オススメはマンゴスチンかな。絶対食べた方が良い!そこらへんの屋台で売ってるから帰りに寄ってみて!

 

あっ      この人…

 

おしゃクソ   だ……

 

※注:おしゃべりクソ野郎の意

 

途中雨が降ってきて、雨宿りも兼ねて屋台に長居したんですがずっと喋っていらっしゃいました。面白かったけどね。いつも1人ごはんなのでたまには良いですね。

 

ペトロナスツインタワーが好き

雨はなかなか止みませんが、小降りになったところでおしゃクソと別れてペトロナスツインタワーへ。

f:id:TABIKUMA:20170508212924j:image

f:id:TABIKUMA:20170508212942j:image

良いねー!ツインタワー!近未来的でかっこいい!メカメカしい感じ!

基本的にはタワー的なものや夜景には興味無い私ですが、ここは好きです!

 

 

そして帰り道。折角だからあまーい♡と聞いたマンゴスチンを食べたくて屋台で「マンゴスチンくださーい!」とウキウキの私。

 

マンゴスチンは無い。まだシーズンじゃない。」

 

おしゃクソぉぉぉぉぉ!!

 

結局残ったのは、ダイビングしない私に不必要なダイビングスポットの詳細な情報だけでした…。

水上集落、住んでみる?

世界最大の水上集落

モスクを出て、次はカンポン・アイール(水上集落)に向かいます。モスクから南に、川沿いを歩くと水上タクシーが停まってます。1時間ぐらい水上集落の見どころを回るプランや、2時間ぐらいでジャングルを見に行くプランがポピュラーな模様。しかし私には時間が無いのです。あと、水上集落を歩き回りたいので、対岸まで1B$で渡してもらうだけにしました。

f:id:TABIKUMA:20170507203215j:image
上陸!おじさんありがとー!カメラを向けるとキメ顔。お茶目です。

f:id:TABIKUMA:20170507203239j:image

さぁ歩きます。遠くに屋根が見えてるモスクを目指しましょう。水上集落にはモスクも学校もあるらしいです。

f:id:TABIKUMA:20170507203349j:image

歩きます。

f:id:TABIKUMA:20170507203417j:image

歩きます。

f:id:TABIKUMA:20170507203435j:image

ボートが通ります。
速過ぎて飛んでるじゃないか。

なんとなく水上集落というと貧しい人達が住んでいるのかと心配してしまいますが、ここの人達は普通にお金持っています。電気もネットも通ってるし、自分達の意思でここに住み続けているらしい。

歩いていると、沢山の人が挨拶してくれます。
「Hi!」「Welcome!」
ほっこり。家の中から子供が手を振ってくれたりして。ほっこり。
人がフレンドリーで温かい国って久々に感じた気がします。

f:id:TABIKUMA:20170507203522j:image

さぁモスクに到着。うーん、水上集落にモスクもあるなんてびっくり!って聞いて来たけど、ここ完全に対岸じゃないか。モスクは水の上にはありません。目の前が消防署なんだけど、消防士さん達がめちゃくちゃ格好良かった。モスクと併せて見どころです。
歩いて元の場所に戻ります。途中、枝道をうろうろ。食堂とかあれば入りたかったけど、見つからなかった。

f:id:TABIKUMA:20170507204518j:image
帰りの水上タクシーはどこでどうやって捕まえたら良いんだろう?と思っていましたが、どこででも大丈夫です。いっぱい走っているので。「誰か乗せてー」と言えば、どこからともなく来てくれます。お客さんが乗ってるタクシーも、私が1人で歩いてるのを見かけると「君も乗ってくか?」と声をかけてくれます。良いのか。笑

 

BSB、小さ過ぎな件

川を渡って、水上集落の見学はお終い。目の前にあるヤヤサン・ショッピングセンターでお昼ごはんにしましょう。

f:id:TABIKUMA:20170507203606j:image
ナシッルマ。添えてあるチリソースがめちゃ辛いので、少しずつ混ぜて食べま…
駄目だ。野菜にもライスにも染みている。辛いのを耐えて食べました。でも美味しかった!

 

ランチの後、ロイヤルレガリアという博物館?に向かってると図書館を発見。

f:id:TABIKUMA:20170507203635j:image

ここは事前情報でWi-Fiが使えるとありました。少しお借りしましょう。
実はブルネイに来るに当たって、ネット接続に困っておりました。観光しながら情報収集したり、迷子になった時にGPSで位置確認したり、ネットはとっても頼りになる一人旅の味方。特に最初はバスやタクシーを都度探すつもりでしたから。
ですがブルネイでは最近私が愛用しているauの世界定額サービスが使えない。ローミングすると高額になってしまう可能性あり。
ポケットWi-Fiをレンタルしようにも、ブルネイ滞在は1日でも渡航期間の5日分のレンタル代がかかるから非常に高い。そして大手2社で一応在庫を確認するも、「ブルネイは通信状態が安定していないので、使えない可能性もありますがそれでも良いですか?」とのこと。高いお金出して使えなかったら泣いちゃいますよ。
ということで、今回はネット利用を諦めていました。何かあればこの図書館か、もう1つWi-Fiの情報があったカフェに行こうと。その2つの場所だけはメモしておこうと。
ま、結果論ですが今回はネット必要無かったです。タクシーをチャーターできたので交通手段を調べる必要も無く、BSBが小さ過ぎて道になんて絶対迷わない。
ついでに結果論で言うと図書館のWi-Fiは不調で使えませんでした。笑

 

最後の観光は、ロイヤルレガリア。王様の肖像画や過去の式典で使われたものが沢山展示してあります。残念ながらあんまり時間が無かったので1階のみ駆け足で見ましたが、ここ、物凄い見応えあります!王政国家ってこういうものかと思いました。日本には無い感覚。

それにしてもBSB中心部、徒歩で全然回れます。コンパクト過ぎる。

 

f:id:TABIKUMA:20170507203746j:image

全部見て回ったので、オールドモスク前に戻ります。タクシーのドライバーさん、ちゃんと待機しててくれました。スムーズに空港まで移動。
タクシー1日乗せて貰って、トータル30.5B$。ネットで見ていた中では空港〜BSBが片道20〜25B$だったので、思ってたよりずっと安かった!
理由は、私が乗ったタクシーがメーター制だったからだと思います。定額制のタクシーもありますが、そっちだったら上記の金額なんでしょう。それと、ドライバーさんがほんと親切で、待機中などは全てメーターオフにしてくれていました。チャーターのチャージもかからなかったし、有り難い。

 

KLに帰りまーす

帰りの飛行機はまさかの1時間遅延。行きじゃなくて良かった。

f:id:TABIKUMA:20170507204352j:image

空港にもモスクがある。このデザインとっても素敵。

KLIA2からホテルがあるKLセントラルまでは、電車で30分ちょっと。バスもあるけど渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので今回は電車です。
KLセントラルの駅前にはnuセントラルというショッピングモールがあります。遅くなったので、今日の夜ごはんはここで。

f:id:TABIKUMA:20170507203816j:image
パパリッチというマレーシア料理のカフェでミーゴレンをオーダー。これがびっくりするぐらい美味しかったーー!味付け完璧、麺も固まらずべちゃべちゃにならず、ライムを絞ってサッパリ!思い出すだけでまた食べたい。

 

夜ごはんも終えて、ホテルへ。今回はここ、ヌー ホテル アット KL セントラル (Nu Hotel @ KL Sentral)|クチコミあり - クアラルンプール小綺麗なビジネスホテルって感じ。
帰りの便が早朝なので、空港にアクセスしやすいKLセントラル周辺で探しました。周りに沢山ホテルがありますが、ここが断然綺麗!!予約サイトで写真見て、他より若干高かったけどここにして良かった。とはいえクアラルンプールは日本に比べるとホテルが全然安いので、3泊で9000円くらいです。

 

弾丸ブルネイ旅はここまで!マレーシア編は別でまとめます。

お読み頂いた方、ありがとうございました(^^)

石油大国・ブルネイに行ってみた

行ってきました、マレーシア&ブルネイ旅行!

折角なので旅の詳細を記録しておきます。

 

 

5月3日(水)関空出発

GW丸かぶりの旅行だったもので、関空は大混雑。チェックイン、保安検査、イミグレ、全部並んで通過して、ゲートまで辿り着いたら即搭乗。一息吐いたのは飛行機のシートに座ってからでした。

 

16:40発のクアラルンプール行き。満席。騒がしい学生とかはいなくて、リゾートに向かうカップルや家族連れ多し。おひとり様も結構いた。

 

22:25 KLIA2に到着。1階にあるカプセル バイ コンテイナー ホテル (Capsule by Container Hotel)|クチコミあり - クアラルンプールに向かう。何故なら翌朝4時にチェックインしてブルネイに向けて出国する予定だからです。

ここ、かなり良いです。カプセルホテルだけど超オシャレ。そして空港内にあるからアクセス楽々。私が行った日は満室で、予約無しで来たお客さんはお断りされていました。事前に予約しといてほんと良かった。

ちなみにKLIA2の床で仮眠してる旅人も沢山いました。絨毯のエリアもあるし。短い滞在なので、私ももし男性だったら。または友達と一緒だったら。20代の若者だったら。床で一晩過ごしたかもしれません。しかしながら女性で一人旅で30代なので、安心安全快眠をお金で買いました。

 

KLIA2はLCC専用ターミナルですが、かなり良いですね。買い物するお店も飲食店も充実しています。23時過ぎでもごはんが食べられました。

 

5月4日(木)KLIA2出発

さて朝です。6:40の便で今日はブルネイに向かいます。

定刻発。私の席より後ろにあと5列あったんですが、空席でした。折角なので移動して、広々した席で窓の外を眺めて過ごしました。

9:15 ブルネイに到着。「地方空港みたいな小ささ」と聞いていましたが、予想より大きな空港。とっても綺麗。

入国カードに滞在先住所の項目がありましたが、私は日帰り旅行。空欄にしていたら案の定イミグレで聞かれる。今日の午後便でKLに戻るんですと言ったら問題無くOKでした。

 

まずはニューモスクへ

空港を出て。事前にネットで調べた限り、「バスはあるけど待っても来ない」「バス停が無い」「1時間待ってもバスが来ないから結局タクシーを使った」など散々な情報ばかり。日帰り旅行で時間も無いので、私は迷わずタクシーです。

ニューモスク→バンダルスリブガワン中心部(以下BSB)で回りたいこと、今日の16:10の便でKLに帰ることをドライバーさんに話すと、なんと1日ついて回ってくれるとのこと!

これは有り難い。ニューモスクからはバスを探し、BSBからはまたタクシーを探そうと考えておりました。しかし一家に2〜3台車を持つお金持ちのこの国、誰もタクシーとか使わないから、数自体少ないんですって。BSBは首都なのに、50台以下しかないらしい。だからタクシー拾おうと思ってもなかなか見つからないそうです。ドライバーさんの提案のおかげで、ブルネイでの足が確保できました。

 

今回ブルネイでの目当てはニューモスクとオールドモスクの2つのモスク巡り。とはいえオールドモスクは木曜日と金曜日が入場不可と他の人のブログに書いてあったので、ニューモスクだけ中を見れたら良いかなと考えておりました。(ニューモスクは他の人のブログにも情報無かったんだけど、イスラム教の礼拝の日は大体金曜なので、木曜は大丈夫かな?と踏んでいた。)
まずは空港から近いニューモスクに到着!

f:id:TABIKUMA:20170507202105j:image

…ん…?

f:id:TABIKUMA:20170507201906j:image

お や す み で あ る 。

何てことだーー!モスク2つとも入れないってことか!!
仕方がないので外を一周して写真だけ撮る。

f:id:TABIKUMA:20170507202017j:image

チラチラ見える中の美しいこと!ああああ入ってみたかった。

f:id:TABIKUMA:20170507202037j:image
あ、エレベーターついてる。笑 モスクにエレベーターってものすごい違和感。

15分ぐらいしてタクシーに戻る。それでは次はBSBまでお願いします。

BSBまではわりとすぐ。しかし歩いたら30分はかかりそうかな?
当初はニューモスク見学後はバスを見つけられたら良いな、無かったらタクシー捕まえなきゃな、それも無かったら最悪歩くしかないかーと思っていました。が、バスなんて全然見かけません。タクシーも1台も無かった。(見学不可の日だから当たり前か。)歩くにはめちゃくちゃ暑い。タクシーキープできててほんとに良かった…!

10時半頃BSB到着。あとの見たいところは全部徒歩圏内です。
ドライバーさんと、13時半に同じ場所に迎えに来て貰えるように約束。ここからはしばらくフリータイムです。

まずはオールドモスクへ。

f:id:TABIKUMA:20170507202156j:image

ブルネイの紹介写真によく使われる、白と金のゴージャスなモスク。ここは木曜日入れない筈…が!入れました!
写真撮るの忘れちゃったけど、木曜closeの上に手書きで修正してあって、お祈りの時間以外は異教徒も入場オーケーでした。金曜のみ完全close。
ただし異教徒は入って手前の絨毯まで。奥のお祈りする場所はNG。あと、中では写真NG。

f:id:TABIKUMA:20170507202228j:image
女性にはこんな黒いローブを貸してくれます。
受付のおじさん達が妙に気に入ってくれて、付きっきりでアテンド。観光客少ないから楽しいのかな。最後出てきてから、ローブ着てる私の写真を撮ってとお願いすると、モスクの入口ギリギリに立たせて中が写るように撮ってくれた。笑 撮影禁止ちゃうんかーい。

 

f:id:TABIKUMA:20170507202255j:image

f:id:TABIKUMA:20170507202315j:image

お次はモスクの前にある池&王族の船のレプリカ。ここからモスクが綺麗に見えます。居合わせたフィリピン人親子と写真の撮りっこ。「Do you travel alone?alone???」と執拗に聞かれる。travel aloneですよ。ほっといてくださいな。

 

長くなってきたのでひとまずここまで。

また書きます!お読み頂いた方、ありがとうございました(^^)

次の旅はマレーシア&ブルネイです

f:id:TABIKUMA:20170415131018j:image

THE☆アジア に行きたくて

ここ最近はヨーロッパやオーストラリアを訪れることが多くて、久々にアジアっぽいアジアに行きたくなりました。

金ピカの仏塔見たいなー、とか

バイクの渋滞見たいなー、とか思ってたんですが

何故か予約した行き先は東南アジアが誇るイスラム教国家です。

どうしてこうなった。

 

マレーシアに何しに行くの?

めちゃくちゃ聞かれます。

ツインタワー?オランウータン?

うーん。正直「これをしに行く!」という目的はありません。ブログタイトルにも入れていますが、私が旅に出る目的はフィールドワーク。(我流&自己満)その街を歩いて、見て、自分なりに研究するためです。別にどこかに発表するわけじゃないですよ。普通のOLさんですから。学生時代にそういう勉強をしていたので、今でも旅に出てローカルの暮らしを見ると、あ…これフィールドワークや…と思います。

 

マレーシアは、数年前にテレビで物価安いよー、移住したがる人が多いよーと言ってるのを見て気になっていました。

 

それからInstagramイスラム教のモスクの写真を見て、一気に行きたい欲が湧きました。

ここ数年、キリスト教の教会や修道院を訪れることが多かったのですが、モスクはとんとご無沙汰。というか、イスタンブールシンガポールに行った時しか見たことないかも。

私の中で、イスタンブールで見た数々のモスクは強烈な思い出です。有名なアヤソフィアやブルーモスクだけじゃなく、街中至るところにある大小のモスク。非日常、不思議、そしてめちゃくちゃ美しい!日本ではなかなか見られない光景でした。

 

あぁ、世界中でモスク巡りをしたい。宗教施設ですからもちろん観光客が入らないところも多いですが、宗教文化を学ぶことは大好き。許可されているところにはできるだけ訪れてみたい。

 

マレーシアではローカルごはんを食べ、モスクを巡るのが楽しみです。

 

マレーシアからもう1ヶ国行くならどこ?

最初はミャンマーを候補に考えていました。仏塔がどうしても見たくて。

航空券を調べたら、クアラルンプールからLCCでお安くヤンゴンまでは行けそう。

でも、私が行きたいバガンはそこからまだ乗り継ぎで、どうやら今回は日程的に厳しそうー。残念だけど、断念。

 

次の候補はタイ。知り合いが住んでいるのでいつか行きたいなーと思っていた国。

しかしバンコクは意外と遠い…安い航空券も見つからないし、これも今回じゃないのかな。

 

マレーシアから行きやすい国なら、シンガポールが有力。

なんだけど、シンガポールは去年行ったしなぁ。どうせなら行ったことない国に行きたいよー。

 

なかなか行き先が決まらず、スマホでグーグルマップをふわふわ。

お…?

お…?

おやぁ…?

ここだーーーー!!!!

 

ブ   ル   ネ   イ

 

最近大好きな旅ブログで読んで「へー、東南アジアにこんな国あるの知らなかったなー」って思ってた国。

東南アジア随一のお金持ち国家で、ここにも豪華なモスクがあるんですって!

マレーシアからすぐ近く。

LCCの航空券もあった!こりゃ安い!

 

というわけでマレーシアと合わせてブルネイも訪れることで決定です。

深夜にクアラルンプール着の予定だったから初日のホテルどうしようかなぁと思ってたんだけど、ブルネイ行きが早朝発なのでそのまま空港に泊まってまずはブルネイから行こう!

なんて丁度良いスケジュール!

 

お気楽・お気軽な一人旅

今回はLCCでお安く抑える旅なので、バックパッカーで行きます。

航空券は早く押さえてたもののホテル取るのをずっと忘れてて、1ヶ月切ってやっと予約しました。最近はゲストハウスも好きだけど、マレーシアは物価が安く1泊3千円くらいでそこそこのホテルに泊まれちゃうので今回はホテルで。清潔で完全個室の空間って大事。海外でも夜は引きこもりな女です。

 

 

お気楽な一人旅。かなーり偏食なのでガイドブック通りの旅は致しません。自分の食指が動く観光だけをします!

 

 

折角なので、バックパックや持ち物など、旅の準備も今後記録していきます。

お読み頂いて、ありがとうございました😊

私の旅について書いてみる

f:id:TABIKUMA:20170415130525j:image

はじめまして。

TABIKUMAと申します。

自分の体験の備忘録として、ブログを始めることにしました。

 

基本すぺっくとやらを書き出してみる

  • 30代前半です
  • 女です
  • 普段は真面目なOLさんです
  • 旅好きです
  • B型です

 

こんな人間です。

 

ブログを始めようと思った理由

私、よく一人旅に出かけます。国内も、海外も。

特に海外に行く時はビビリなので事前の情報収集が必須。現地に住んでる人や、旅した人のブログなんかを読み漁って情報収集するのが習慣になりました。

都会よりも田舎が好きなので、郊外の絶景とか見に行こうとすると情報が少なくてとっても困る。行き方を書いてあるブログなんか見つけるともうか…神!!!みたいに思います。

なので私も、自分の為にも次に訪れる誰かの為にも記録を残しておきたいなと思ったのです。

 

最近の私の旅のスタイル

  • 移動費は安く抑えたいのでLCCや電車、バス移動推奨
  • 行き先、日数、費用に応じてスーツケースとバックパックを使い分け
  • 遺跡、史跡、自然の絶景を見たい
  • 博物館、美術館には興味なし
  • 食に目がない
  • 高いところに登るのが好き
  • 潔癖なので宿は清潔さ重視
  • 清潔ならゲストハウス泊もOK
  • 語学は弱い
  • 安全第一

 

こんな旅をしております。

 

 

いつか世界一周してみたいなぁ、とか

何年もかけて気の向くままの旅をしてみたいなぁ、とか思いつつ

堅実・保守的な性格なので今はOLさんと併存の旅人生活が楽しいです☺️

 

これまで行った旅の話や、

これから行く旅のリアルタイム記録を書いて行こうと思います。

よろしくお願いします。